TOP > 会社情報 > コーポレートガバナンス > コンプライアンス / リスク管理体制

コンプライアンス / リスク管理体制

コンプライアンス

当社は、コンプライアンスを経営の根幹に据え、企業及び役社員の一人ひとりが法令、定款、社内規則、行動規範、コンプライアンス指針等に則り、公正で健全な事業活動を推進する旨を規定で定めています。また、コンプライアンス意識を社内に浸透させるため、外部講師等によるセミナーを定期的に開催しています。

コンプライアンス指針

  • 1.個人に求められる事項
    (1) 社会人としての良識と責任を持って行動する
    (2) 人権を尊重し、不当な差別をしない
    (3) セクシャルハラスメント行為をしない
    (4) 社内において政治活動、宗教活動を行わない
    (5) 会社の名誉・信用を傷つける行為をしない
    (6) 会社の利益と個人の利益が相反する行為をしない
    (7) インサイダー取引を行わない
    (8) 企業秘密を漏洩しない
    (9) 会社資産を無許可で私的に利用しない
    (10)会社業務遂行に障害となるようなIT利用をしない
    (11)反社会的勢力との接触、麻薬使用等行わない
    (12)その他就業規則等を遵守する
  • 2.企業に求められる事項
    (1) CSRを常に意識した企業活動を遂行する
    (2) 会社を取り巻くすべての利害関係者を配慮・尊重した経営を行う
    (3) 危機管理体制を構築する
    (4) 不公正取引を行わない
    (5) 贈収賄の禁止
    (6) 脱税・粉飾決算を行わない
    (7) 違法な政治献金を行わない
    (8) 品質の維持向上に努める
    (9) 個人情報を含め、情報管理を徹底する
    (10)反社会的勢力との取引を行わない
    (11)従業員等に対するコンプライアンス教育を継続的に行う
    (12)環境問題への配慮、業容に即した社会貢献を行う

リスク管理体制

当社は、会社の業務遂行等にあたり想定されるさまざまなリスクの発生の事前予防、発生した場合の迅速かつ的確な対応及びその後の再発防止について、危機管理規程及びその他関連規程類で定め、被害、損害等を最小限に抑えるための体制を構築しています。規程ではリスクの発生を未然に防ぐため、各組織の責任者は、各々の業務・特性・リスクの状況等を踏まえ、予防策を策定するとともに継続的にリスクの発生の有無をチェックし、その状況を定期的に取締役会に報告する旨等を定めています。また、内部通報に関する体制を整備し、社内外に通報窓口を設置することにより、社内で問題が発見された場合には、通報者を保護しつつ事実関係の調査を進める体制を整えています。当社では、必要に応じて顧問弁護士の助言を得ながら、これらリスク管理体制の充実を図ることとしています。